俳優



1 muffin ★ :2022/09/28(水) 16:39:42.90ID:CAP_USER9
https://www.oricon.co.jp/news/2250939/full/
2022-09-28

俳優・歌手の木村拓哉が織田信長、綾瀬はるかが濃姫を演じる、時代劇映画『THE LEGEND & BUTTERFLY』(2023年1月27日公開)に向け、木村が11月6日に岐阜・金華橋通りで行われる『岐阜市産業・農業祭~ぎふ信長まつり~』に“織田信長”の扮装で登場することが決定した。共演者で岐阜市出身の伊藤英明とともに役にふんして信長公騎馬武者行列に臨む。

同イベントは、例年10月に開催していた「ぎふ信長まつり」と11月に開催していた「市農業まつり」を共同開催するもので、新型コロナウイルス感染症の影響もあり、両まつりともに開催は3年ぶりとなる。きょう28日に行われた岐阜市長定例記者会見の中で発表された。

会見に木村もメッセージを寄せ、「信長が“岐阜”と命名し天下統一を志した地で、伝統的なお祭りに参加させていただくことを心より光栄に思っております」と喜びながら、役衣装でのパレードイベントに参加するのが自身初となることから、「ご参加いただく皆さまと一緒に全力でお祭りを楽しみたいと思っております」と意気込んだ。

岐阜市出身で2009年にこの騎馬武者行列にも信長として参加した経験のある伊藤も「映画の撮影現場で木村さんが信長を体現されているのを見て、“木村信長”が岐阜を練り歩く姿が見たいと思っていたので、実現して本当にうれしい」と歓喜。

続きはソースをご覧下さい


(出典 i.imgur.com)

【『ぎふ信長まつり』にキムタクと伊藤英明参加で市役所電話殺到】の続きを読む



1 jinjin ★ :2022/09/29(木) 23:32:34.84ID:CAP_USER9
東出昌大が語った離婚後の生活、家賃ゼロ・携帯電話は圏外・汲み取り式トイレ「自給自足の全貌」


「山での暮らしを始めて、かれこれ半年ですね」と、発売中の『週刊文春CINEMA!』で現在の生活を語った東出昌大。彼が住むといわれている山小屋へ実際に行ってみると「臆測で書かれたくない」と本人が取材に対応してくれた。

清らかな水が流れる関東近郊の山あい。9月下旬、斜面に立つ山小屋から1人の男性が現れた。
ラフなファッションながら、8頭身のスタイルでスターのオーラが漏れ出ている。

「今年の春頃から東出昌大さんをよく見かけるようになりましたね。もともと狩猟をするためにこのあたりにはよく来ていたそうですが、本格的に狩猟をしようと引っ越してきたみたいです。こちらにいるときは、山小屋のオーナーの男性と一緒に活動されていることが多いですよ」(町の住民)


発売中の『週刊文春CINEMA!』では、山での生活についてインタビューに答えている東出。

《狩猟と出会ったのは、千松信也さんの『ぼくは猟師になった』という本を読んだのがきっかけです》と、狩猟に興味を持ったきっかけを明かしていた。


週刊女性記者が訪れる数日前まで、彼は新作映画の撮影を行っていたようで、

「ドキュメンタリー作家の森達也氏が初めて手がける劇映画『福田村事件(仮)』に出演するため、1か月近く関西方面で撮影を行っていました。また、年末から来年にかけて主演映画2作品の公開も決まっています」(スポーツ紙記者)


山菜を収穫して、薪割りをする生活

この日は中古の乗用車に乗って1人で現れた東出。しばらくすると、長靴に履き替えて畑のほうへ。どうやら夕食の食材を選んでいるようだ。 山菜を収穫し終えると、すぐさま斧を持って庭に移動。慣れた手つきで薪割りを行うと、山小屋に戻っていった。

「東出さんが住んでいる小屋にはお風呂がないようで、小屋にいるときは毎日のように近くの温泉に来ています。いろいろな作業をされているようで、いつも手は真っ黒ですね。常連は高齢の方が多いので、俳優の東出さんだと気づいている方は少ないと思います。芸能人とは思えないほど気さくで、すっかりこの町に溶け込んでいますよ」(温泉施設の常連客)


夜になると荷物を持った東出が小屋から出てきた。
車を走らせて到着したのは、やはり近所の温泉施設。現在の生活について話を聞くため、車から出てきたところを直撃すると─。

「臆測で事実と違うことを書かれるのはイヤなので、きちんと自分からお話ししたい」と翌日、週刊女性記者を改めて山小屋に招いてくれた。


─ここで生活しようと思った理由は?

「去年、狩猟の下見でこのあたりに来たときに車がパンクしてしまって。そのときにたまたま通りかかって助けてくれた方に事情を話したところ、空いていたこの場所を貸していただけることになったんです。ありがたいことにタダで貸してもらっています」


─かなり古い小屋のように見えますが、住みにくい部分も多いのでは? 

「ここは携帯電話の電波もつながりません。トイレも汲み取り式ですし、電気は通っていますが、ガスと水道も通っていませんからね。布団もないので寝るときは寝袋を使うなど、確かに不便な部分もあります。ただ、役者でいるときは常に緊張の連続なので、ロケ弁も味がしないくらい追い込まれている状態のことも多い。でもここに来ると、食べ物もひとつひとつ美味しさを感じながら食べることができるので、僕にとってはここでの生活のほうが居心地がいいんです」


─主に狩猟で生活されているんですよね?

「僕がやっているのは“単独忍び”という1人で狩りをするスタイル。仕留めた獣は自らさばき、余った部分は食肉加工工場へ持っていって、ソーセージにしています。あとは近くで採れた山菜や、近所の方にいただいた野菜などを食べて生活しているので、食費も0円に近いですね」


現在住む山小屋の隣に目を向けると、建設中と思われる小屋が。

「将来的にはそっちの小屋に住もうと思って、1人で作っているところなんです」と、笑顔で答えてくれた。

地域の猟友会メンバーや近隣住民からは“でっくん”と呼ばれているそうで、地元の人たちにも好意的に迎えられているようだ。


全文
https://news.yahoo.co.jp/articles/2d310fb3a25ae8d05ed73fdc00b5c2c1b340022c

(出典 i.imgur.com)



前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1664256038/

【東出昌大のその後の生活。ガス、水道も通ってない山暮らし】の続きを読む



(出典 pbs.twimg.com)



1 それでも動く名無し :2022/09/29(木) 21:54:00.34ID:1dVrrN7k0NIKU
【テレ朝】六本木クラス【香川照之逮捕】 ★3
https://nova.5ch.net/test/read.cgi/livegalileo/1664455171/

【六本木最終回 香川土下座すると思いきや】の続きを読む



(出典 www.wacoca.com)



1 ひかり ★ :2022/09/15(木) 08:39:12.52ID:CAP_USER9
 分刻みのスケジュールをこなす人気俳優ともなれば、数年先まで仕事が詰まっているというのも珍しいことではない。それだけに、ドラマ制作に携わる人にとって、キャスティングは超重要事項だ。最近、そんなドラマ制作の関係者をザワつかせる事態が起きたという。

「来年1月クールのTBSのドラマに、佐藤健さん(33才)の出演が決まったそうです。本格的な恋愛ドラマで、過去の作品を超えるような胸キュンシーンが盛り込まれるそうです」(ドラマ制作関係者)

 佐藤の連ドラ出演は、2020年1月クールの『恋はつづくよどこまでも』(TBS系)以来3年ぶりだ。その期間、満島ひかり(36才)とのダブル主演で、宇多田ヒカル(39才)の楽曲に着想を得たNetflixオリジナルドラマ『First Love 初恋』や、長澤まさみ(35才)と共演する映画の撮影などに追われていた。

「クイズバラエティーなどで目にすることは多かったので、佐藤さんほどの俳優が、連ドラが3年ぶりと聞くとちょっと意外でしたね。ただ、それよりも驚かされたのは、そのドラマの共演相手が井上真央さん(35才)だったことです」(前出・ドラマ制作関係者)

 佐藤は10代の頃から、井上は子役時代から芸能活動を続けているが、意外なことに今回のドラマが初共演だ。一方で、佐藤と井上は、1人の男性を起点に“因縁”を抱えている。

「井上さんは、長らく松本潤さん(39才)との関係が取り沙汰されてきました。始まりは2005年のドラマ『花より男子』(TBS系)での共演。一般家庭で育った正義感の強いヒロインが、セレブ高校一のイケメン御曹司と恋に落ち、困難を乗り越えて結ばれる。ドラマでのふたりがあまりにもお似合いだったことから、“実際につきあっているのでは”という噂が囁かれるようになりました」(芸能関係者)

 2014年に写真週刊誌が焼き肉デートを報じたのを機に、ふたりの交際報道は過熱し、「婚約」「結婚間近」といった言葉が飛び交うようになった。

「その後、井上さんが突然、表舞台から姿を消し“寿引退報道”も出ました。しかし、休業状態にあったのは事務所を移籍した際の充電期間で、井上さんは終始交際を否定。いまとなっては真偽不明の情報で、ファンの間では、“都市伝説”と言う人までいます」(前出・芸能関係者)

 一方の佐藤も松本とはただならぬ関係にある。

「2人は、親友と言っていいほどの仲です。プライベートをほとんど明かさない佐藤さんが、松本さんと『謎解きゲーム』の施設に出かけたことを明かしてファンを驚かせたり、バラエティー番組での共演相手に指名したこともありました」(別の芸能関係者)

 初共演にもかかわらず、佐藤と井上はすでに“フクザツな関係”で結ばれている。

「『花男』には熱狂的なファンがいて、井上さんと松本さんが現実で結ばれていてほしいと願っている声もあるようです。そんな中、井上さんと佐藤さんが初共演。しかも、『花男』と同じTBSの金曜22時枠ですから、周囲がなんとなくやりにくさを覚える“タブーな初共演”なんですよね。もちろん、佐藤さんと井上さんは共演を快諾していますし、何のわだかまりもないでしょうが」(前出・ドラマ制作関係者)

 奇しくも、松本主演の大河ドラマ『どうする家康』(NHK)も来年1月にスタートする。新年早々、ファンの妄想が止まらない。

※女性セブン2022年9月29日・10月6日号

https://news.yahoo.co.jp/articles/0e63eb924c386761baef3173824d2a76d75cbfa3
https://news.yahoo.co.jp/articles/0e63eb924c386761baef3173824d2a76d75cbfa3?page=2

【【芸能】佐藤健、次は井上真央と本格的恋愛ドラマへ!】の続きを読む



(出典 img.cinematoday.jp)



1 ひかり ★ :2022/09/14(水) 16:38:24.18ID:CAP_USER9
 俳優、タレントのユースケ・サンタマリア(51才)が再婚していたことがわかった。10月下旬には、東京湾を望む高級ホテルの結婚式場で「愛を誓い合う」こととなる。

 ユースケは2004年に2才年上の女性と結婚したが、10年間の別居を経て2018年6月に離婚している。彼にとっては再婚となるが、そのお相手というのが20才年下の小西真奈美似の美女だという。

「知人が主催した食事会で知り合った一般のかたのようですね。交際期間は3年ほどですが、当初から結婚を意識していたようで、すぐに同棲されていました」(芸能関係者)

 交際を隠すこともなく、2020年6月にはふたりでいるところを『フライデー』の記者に直撃されたが、「(再婚は)将来的にはできたらいいなって思っています」と答えていた。ユースケの知人が、結婚式を控えた幸せそうなふたりの様子をこう話す。

「以前のユースケさんは、家ではグータラ者で、姉さん女房の尻に敷かれるくらいがちょうどよかったんです。でも離婚を経験して年を重ねていくなかで、包容力が出てきたようです。いまは彼が彼女をリードしているようですよ。あ! そういえばもう“彼女”じゃないんですよ」

 知人がうれしそうに続ける。

「今年の春頃、ふたりは入籍しているんです。そのタイミングで、ユースケさんは故郷の大分県からお母さんを呼び寄せて顔合わせもしたようです。そのあと“夫婦”で大分の実家も訪ねています」

 顔合わせを終えると、ふたりは結婚式について話し合いを重ねていった。当初、ユースケは式には乗り気ではなかったという。

「再婚のユースケさんは、2回目なので結婚式はやらなくてもいいという考えだったようです。ですが初婚の奥さんとしては、ウエディングドレスが着たかった。そんな奥さんの気持ちに応えて、結婚式をすることになったそうです。ただコロナ禍ということもあって、出席者は20人弱のこぢんまりとした式になるようです」(前出・ユースケの知人)

 ユースケの母親は息子の再婚を知人に目を細めて報告している。母親はユースケの仕事が軌道に乗り始めた頃、上京して身の回りの世話を焼いていた時期がある。しかし、ユースケは忙しさに追われるあまり、母親に八つ当たりしたこともあったという。今年2月放送の『ナゼそこ?』(テレビ東京系)に出演したユースケは、当時の行いを「本当にあのときは悪かった」と口にした。そうした後悔もあってか、ユースケの親孝行ぶりは周囲も認めるほど。

「古い集合住宅暮らしだったお母さんのために、大分市内に新築の一戸建てをプレゼントしています。愛犬家のお母さんが散歩しやすいようにと、大きな公園の近くを選んだようです」(前出・ユースケの知人)

 ユースケにはもう1つ親孝行したいことがある。

「前妻との間にはお子さんがいなかったこともあり、お母さんはユースケさんに“お前の子供が見たい”と話すこともあるようです。そればかりはコウノトリが運んでくることですが、お母さんとしては楽しみにしているようですよ」(前出・ユースケの知人)

 ただ、母親には心配事があるようで。

「実は、ユースケさんはいまも欠かさずお母さんに仕送りを続けているんです。でもお子さんが生まれたら何かと入用になるでしょうから、“仕送りを止めないでよって、ユースケに言っておかなくちゃ!”と冗談を飛ばしていますよ」(母親の知人)

 母親も巻き込んだ幸せな新婚生活は、もうスタートしている。

※女性セブン2022年9月29日・10月6日号

https://news.yahoo.co.jp/articles/b8759ef9f22c0c9a3cbce3e70b80085172d12abc
https://news.yahoo.co.jp/articles/b8759ef9f22c0c9a3cbce3e70b80085172d12abc?page=2

【ユースケ・サンタマリア、小西真奈美似の20才年下女性と再婚】の続きを読む

このページのトップヘ