コロナ感染



(出典 tshop.r10s.jp)



1 愛の戦士 ★ :2022/07/27(水) 10:07:38.85ID:pTNWB95Q9
CBCテレビ 7/27(水) 8:23

いわゆる「あごマスク」をめぐって、名古屋の地下鉄で乗客とトラブルになり、止めに入った駅職員を蹴ったとして、男が逮捕されました。

逮捕されたのは、愛知県長久手市の無職、山田純也容疑者45歳です。

警察によりますと山田容疑者は、26日午前10時前、地下鉄東山線・本郷駅のホームで、駅職員の男性に「*ぞ」などと言って胸ぐらをつかみ、腹を数回蹴るなどの暴行を加えた、公務執行妨害の疑いがもたれています。

山田容疑者はこの直前、電車内でいわゆる「あごマスク」だったことを、乗客の女性から注意され、口論になっていました。

2人が本郷駅で降りて駅職員の男性が止めに入り、その場から立ち去ろうとした山田容疑者を引き留めたところ、暴行されたということです。

取り調べに対して山田容疑者は「間違いありません」と容疑を認めているということです。

CBCテレビ
https://approach.yahoo.co.jp/r/QUyHCH?src=https://news.yahoo.co.jp/articles/6acc438a21684d5d7b2bdfc15f5945f03f9104cb&preview=auto

【未だ「あごマスク」注意され逆ギレ逮捕される人】の続きを読む



(出典 thumb.ac-illust.com)



1 minato ★ :2022/06/03(金) 10:44:43.68

2022.6.1
日経ビジネス副編集長

新型コロナウイルスに関する厚生労働省の新集計で、ワクチンを未接種の人より2回接種済みの人の方が陽性者になる確率が高くなったとのデータが示された。
同省が外部からの指摘を受けて「未接種者」の集計方法を見直したのをきっかけに、40~49歳など約半分の世代で逆転現象が明らかになった。
政策決定に関わる基礎データの一つだけに、専門家からは「なぜ接種者の方が感染しやすいのか国は詳細を調べて公表すべきだ」との声が出ている。

 この逆転現象は、5月11日に厚労省の専門家会議「新型コロナウイルス感染症対策アドバイザリーボード」に提出された資料で明らかになった。
この会議はほぼ毎週開かれ、同省がワクチン接種歴別に新規陽性者数をとりまとめた資料を提出するのが習わしになってきた。

 5月11日の資料によると、4月11~17日に40~49歳、60~64歳、65~69歳、70~79歳の各世代で、ワクチンを2回接種した人10万人当たりの新規陽性者数が、未接種の人10万人当たりの新規陽性者数を上回った。30~39歳はほぼ同等だった。

 4月18~24日には30~39歳でも、2回接種者の新規陽性者数が未接種者のそれを上回った。その後、直近の5月25日までに報告された週次データでもほぼ同様の傾向が明らかになっている。

https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00454/053100005/

★1 2022/06/01(水) 15:06:09.81
前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1654215871/


【【新型コロナ】ワクチン未接種の人よりワクチン2回接種の人の方がコロナにかかっている】の続きを読む



(出典 www.asahicom.jp)



1 ダイビングヘッドバット(茸) [US] :2022/05/20(金) 18:31:21.93


【速報】「屋外でマスク不要」 政府見解を発表 散歩・自転車・未就学児も

後藤厚生労働大臣は、さきほど記者会見を行い、屋外では、周囲との距離が十分とれなくても、会話が少なければ、必ずしもマスク着用の必要はないとの見解を発表した。
政府見解によると、屋外でのマスク着用については、周囲と距離が取れる散歩や自転車の移動のほか、距離が十分とれなくても周囲で会話が少ない場合は、必ずしも必要ないとされている。
一方で、2歳以上の就学前の子どもについては、一律にマスク着用を求めないという。今回の政府見解は、きのう開かれた厚労省の専門家会合の提言を踏まえたもの。
(マスク着用についての見解を発表する後藤厚労大臣・午後6時すぎ)

https://www.fnn.jp/articles/CX/362987?display=full


【「屋外でマスク不要」 発表したがどーなるか】の続きを読む



2022年4月14日、米華字メディア・多維新聞は、新型コロナウイルスに対して先天的に感染しにくい人が一部に存在する可能性が英国での研究で明らかになったと報じた。

記事は、英国で2月、健康で新型コロナに未感染でワクチン接種を受けていない若年のボランティア36人に新型コロナ原始ウイルスに接触させる試験が行われ、その結果、半数の被験者が感染した一方で、未感染者の約半数から免疫系統が感染を迅速に阻止してウイルスを消したことを意味する少量のウイルスが検出される結果になったと紹介した。

その上で、研究者がこの結果について2つの可能性に関する仮説を立てており、1つは被験者の遺伝子が突然変異を起こし、コロナウイルスがヒトの細胞に侵入する際に必要なACE2タンパクの構造に変化が生じ、コロナウイルスによる細胞侵入の可能性を低減させているというものだとした。

また、2つめの可能性は、被験者の免疫系が特に強靭(きょうじん)で、ウイルス感染初期にI型インターフェロンと呼ばれる抗ウイルスタンパクが大量に生成されてヒト細胞内におけるウイルスのコピーを制限するか、体内の記憶T細胞が特に多く、感染初期に免疫系が始動してウイルスを排除する手助けをしているというものであり、免疫系の強弱は人によって異なり、遺伝と関係していると説明した。

記事は「総じて、新型コロナに対する遺伝的な抵抗力は希少な可能性があるが、研究チームは抵抗力を持つ人の重要な遺伝子変化を解明して、より有効な薬物療法を開発することに希望を抱いている」と伝えた。(翻訳・編集/川尻)

【日時】2022年04月15日 20:20
【提供】レコードチャイナ

【生まれつきコロナ感染しない人が存在する!?英国の研究で判明!】の続きを読む



NO.10236048 2022/03/11 22:04
コロナに感染した人は軽症でも、感染前より脳が縮小する
コロナに感染した人は軽症でも、感染前より脳が縮小する
新型コロナウイルスに感染すると脳に変化が起こる可能性があることが、イギリスなどの研究で明らかになった。

研究チームは、感染前後のMRI(磁気共鳴断層撮影)の画像にかなりの違いを発見した。

軽症の場合でも、脳全体の大きさがわずかに縮小し、嗅覚と記憶に関連する部分の灰白質が減少していたという。

研究者らは、この変化が永続的なものかどうかは分からないものの、脳は回復する可能性があると強調している。

今回の研究は、学術誌「Nature」に掲載されたもの。

研究を主導した英オックスフォード大学ウェルカム統合神経画像センターのグウェネル・ドゥオー教授は、「私たちは主に軽度の症状について研究していたので、患者と非感染者を比較した時に、脳にいくらかの差異が実際に生じていたことや、脳の変化の度合いを見ることができたのは、かなり意外だった」と述べた。

イギリスのUKバイオバンク計画では、15年間にわたり50万人の健康状態を追跡調査してきた。パンデミック前のスキャン画像の記録も残っている。そのため、新型ウイルスが健康にどのような長期的影響を与えるのか、研究できる貴重な機会を得ている。

研究チームでは、バイオバンクの対象者について、以下の調査を行った。

新型ウイルスに感染した401人について、感染から平均4カ月半後にMRI検査を受けてもらった COVID-19に感染していない384人についても、同様にMRI検査を施した
その結果、以下のことが明らかになったという。

【日時】2022年03月11日 18:10
【ソース】BBC News

【コロナに感染すると脳が縮小する】の続きを読む

このページのトップヘ