タレント


紫吹 (しぶき じゅん、1968年11月19日 - )は、日本の女優。元宝塚歌劇団月組トップスター。本名は棚澤 理佳(たなざわ りか)。 群馬県邑楽郡大泉町出身。かつてはオスカープロモーション所属(2020年8月31日まで)、マセキ芸能社と業務提携していた(2020年9月から約1年間)。在団中の愛称は「リカ」(本名から)。…
33キロバイト (4,375 語) - 2023年1月4日 (水) 13:45

1 jinjin ★ :2023/02/06(月) 23:28:58.88ID:djjCwaty9
紫吹淳、宝塚時代の“謎ルール”告白
「座ってる上級生にお話しするときは…」クセが抜けず気味悪がられる


女優・紫吹淳(54)が6日までに更新されたYouTubeチャンネル「夜な夜な生配信!ひろゆきと有名人に…【質問ゼメナール】」に生出演。
宝塚音楽学校時代の“謎ルール”について振り返る場面があった。


視聴者から「宝塚は厳しいルールがたくさんあると言いますが、やぱり上下関係とかはめちゃくちゃ厳しいんですか?何かエピソードがあれば教えてください」という投稿が寄せられた。
これに、紫吹は「厳しいというか、人として大事だなというレベルの上下関係じゃないですかね」と答えた。


「でも、上級生が“カラスは白い”と言ったら白いという世界でしたね。私の時代はね、今はわからないですけど。あと、上級生を見下ろしてはいけないというルールがあって」と、告白も。

「座ってる上級生にお話しするときは、ホステスさんみたいにひざまずいて。苦ではなかったんですけど、やめてからも(そのクセが)抜けなくて。自分より上と思った人には、下からいってましたね。“何やってるの?”って言われました」と、苦笑していた。


https://news.yahoo.co.jp/articles/57f5ca58968e25fe8f0508002fa243fb80150595

【宝塚時代の“謎ルール”上級生には跪いてお話しするw】の続きを読む



1 数の子 ★ :2022/12/08(木) 18:20:15.56ID:aw/g1k9W9
※12/5(月) 18:02配信
週刊女性PRIME

 “伊代はまだ……”と歌ったのは41年前のこと。現在、“少女”は57歳になっている。

「松本伊代さんがTBS系のバラエティ番組『オオカミ少年』に出演。クイズコーナーで不正解となったため“落とし穴”に落とされ、腰椎を圧迫骨折する重症を負いました。しばらく立つこともできない状態で、現在は入院中とのことです」(スポーツ紙記者)

「元どおりにならない」
 松本は“深さ2.7メートル”の穴に落下したという。穴にはクッションのため、ウレタンを敷き詰めていたというが……。

 TBSは《怪我をされたことに対し、松本伊代さんをはじめ関係者の皆さまにお詫び申し上げます》と謝罪。また、事故の経緯について以下のように説明している。

《この企画は過去に2回行っており、今回も事前にシミュレーションを繰り返し行い、着地する場所にはウレタンを大量に敷き詰め衝撃を吸収するなど安全対策に努めておりましたが、このような結果となり、大変申し訳なく思っております。今後、同様のことが起こらないよう、番組制作に際しての安全管理をさらに徹底してまいります》

「くり返し行ったというシミュレーションですが、“実験台”はおそらくAD。そうなると20代、年齢がいっていたとしても30代でしょう。そのような若者と57歳の女性を同じように考えるべきではないですよね……」(芸能プロ関係者)

 腰椎圧迫骨折とはどのような骨折か。TBSによると全治は3か月と発表されている。

「元どおりにはなりませんよ」

続きは↓
https://news.yahoo.co.jp/articles/400e02eec0fbb465d739f90b7d65937373db4022?page=1

★1

1 ぐれ ★[] 2022/12/07(水) 07:19:16.96 ID:07TyM2KF9

https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1670365156/

【松本伊代 テレビ収録の落とし穴で骨折。医師「元通りにはならない」】の続きを読む



1 フォーエバー ★ :2022/12/08(木) 17:26:28.56ID:k6KQ4UMY9
12/8(木) 14:15配信

スポーツ報知
工藤静香のインスタグラム(@kudo_shizuka)より

 大みそかの第73回NHK紅白歌合戦(午後7時20分)への出場が決定した歌手の工藤静香(52)が8日に自身のインスタグラムを更新し、歌手・森高千里(53)との2ショットを公開した。

【複数写真】バブリー感あふれる!52歳の工藤静香

 工藤は7日放送されたフジテレビ系「2022FNS歌謡祭」に出演。この日は「久しぶりのちさとちゃん@chisatomoritaka_official 少ししかお話ができなかったけど会えて嬉しかったです めちゃくちゃ可愛いから載せますね」とつづり、モノトーンのシックな衣装で並んだ2ショットをアップ。

 「そして2枚目、安否確認 しかも、歌わせていただいた歌が、禁断のテレパシーデビュー曲だったので、この2人に会えるのは本当に嬉しかったです。ものすごく偉い人だそうです。が、ずっと『港っち』と呼ばせてくれます。そしてダンディーなだーいし 2人とも何年たっても大好きです」と同局の港浩一社長、石田弘プロデューサーとの3ショットも掲載。さらには黒と紫の2種類の衣装姿も連続投稿した。

 フォロワーからは「二人とも綺麗で可愛い~」「2人共綺麗すぎます」「最強のお二人」「憧れです」「激アツ」「変わらない美しさ」「美しいブラボー」「しぃちゃんも森高千里さんも異次元過ぎます」などの声が上がっている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/750cc52b145cf9d2d889ed2e9d277786bc5c859b


(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
?pri=l

【工藤静香・森高千里 52歳と53歳の2ショットに絶賛の声】の続きを読む





1
combatt ★ :2022/12/08(木) 04:00:29.28ID:vamyrJPA9
お笑いコンビ、南海キャンディーズの山崎静代(43)が俳優、佐藤達(とおる、年齢非公表)と結婚することが7日、分かった。関係者によると、昨年6月の舞台共演を機に交際に発展。8日にも結婚を発表し、近日中に婚姻届を提出する。南キャンは相方の山里亮太(45)が2019年6月に女優、蒼井優(37)と結婚。コンビそろって役者のハートを射止めた。
https://www.sanspo.com/article/20221208-44GWKFVIBBNQDJUJZ66WTEPWDY/

【南海キャンディーズのしずちゃんが結婚!!相手は俳優の佐藤健、、、ではなく佐藤達】の続きを読む



1 jinjin ★ :2022/12/07(水) 08:54:01.92ID:rEa+hrAD9
篠田麻里子 離婚調停が泥沼化報道…インスタに“愛娘7ヵ月登場なし”でママタレ業にも黄色信号


今年8月、3歳下の実業家である夫・Aさんとの別居が報じられた篠田麻里子(36)。
現在、さらなる窮地に立たされているようだ。

「NEWSポストセブン」が12月1日に配信した記事によると、篠田とAさんはともに弁護士を立てて家庭裁判所で監護者指定の調停中で、主張がすれ違うほど泥沼化。
また篠田の仕事中にAさんが長女(2)を連れ出したため、彼女は半年もの間、愛娘に会っていないという。


篠田とAさんが結婚したのは’19年2月のこと。「交際0日婚」と話題になり、’20年4月には第一子となる長女を出産。
その後、篠田は’21年5月に「第13回ベストマザー賞2021」を受賞した。

さらに篠田は日本マザーズ協会公認の「子育て応援、ママ応援大使」に就任し、同年12月に子育てグッズを表彰する「マザーズコレクション大賞2021・受賞発表会」に登場。同月から「マイナビ子育て」で育児エッセイ『篠田麻里子の毎日ドタバタです!』の連載もスタートした。

「篠田さんは娘さんの名前と顔を公開し、SNSではツーショットを頻繁にアップ。そして出産から4ヵ月で、YouTubeチャンネル『篠田麻里子ん家』を開設しました。YouTubeでは育児に関する日々の記録や子供のためのレシピ、ママのファッションやオススメのベビーグッズを紹介。ママ向けの情報発信をメインに行ってきました」(広告関係者)


ママタレ界期待のホープと目されていた篠田だが、今年8月に別居報道が――。
そして、愛娘との距離も生まれてしまったようだ。

「『篠田麻里子ん家』の最新動画は、8月30日にアップされたもの。篠田さんの娘さんがタンポポの綿毛を吹いて遊ぶシーンが収められていますが、しかし長袖を着ているんです。そのため当時、『春頃に撮影したものでは』とSNSで話題に。同時に、『家族があまりいい状態ではないのかも』という声も上がっていました。そして、この動画を最後に篠田さんのYouTubeチャンネルはストップ。同月、『篠田麻里子の毎日ドタバタです!』の連載も、何の説明もないまま止まってしまいました」(広告関係者)


またInstagramでは5月の投稿を最後に、長女の写真がアップされていない。
そんな篠田だが、11月19日には『Flea market for children』という子供服などのチャリティフリマを開催している。

「もし離婚の泥沼化が進み、親権を失ってしまった場合、ママタレとしてのオファーが激減することは必至。なんとかうまく持ち直してくれるといいのですが……」(広告関係者)

黄色信号が点滅した篠田のママタレ業。
果たして“篠田麻里子ん家”の行方はいかに。

https://news.yahoo.co.jp/articles/24773adeb8574de08ce795f78177a6ec4130665e

(出典 i.imgur.com)

【篠田麻里子、離婚調停が泥沼化報道…愛娘とも半年間会えず】の続きを読む

このページのトップヘ