テレビ



1 冬月記者 ★ :2022/09/27(火) 09:37:18.40ID:CAP_USER9
https://news.yahoo.co.jp/articles/0f2708f40e7d54d6ac51543a0c0c38c5882fcc5e

NHK紅白歌合戦に“極秘S・A計画”が? 聖子・明菜・懐かし元アイドル総出演でリベンジ狙い


 大みそかに放送されるNHK紅白歌合戦が早くも民放関係者の間で話題だ。今年の紅白は過去10年間で最高視聴率を叩き出すのではないかとのウワサが飛び交っているというのだ。

 そのカギを握るのがNHK局内で極秘に進行している“S・Aプロジェクト”の存在。さるキー局関係者はこう話す。

「Sは(松田)聖子、Aは(中森)明菜です。NHKはこの2人を今年の紅白に出場させるべくかなり早い段階から動いている。当初は双方の関係者から連絡もなくこのプロジェクトは頓挫する寸前だったようですが、最近になって山が動き出したというのです」

 最初にリアクションを示したのは今年でデビュー40周年を迎えた明菜(57)だ。先月30日に突如、公式ツイッターアカウントを公開し新個人事務所を設立、芸能活動を再始動したことを発表した。

「これは明菜が紅白に出演する意思を固めたサインと見られています。なんでも明菜に対しては2014年の紅白に彼女をキャスティングした当時のプロデューサーで、現在はNHKの関連会社の社長を務めるA氏が動いたとか。紅白サイドはNHKホールからの中継を期待していますが、どうやらアメリカNYからの生中継という可能性が出てきたようです。当初はVTR出演と言われていただけに大きな進歩ですよ」(NHK関係者)

 明菜サイドの前向きな姿勢に対しがぜん、注目を集めているのが聖子サイドのリアクションだ。

「聖子は昨年の紅白に出場が内定していたが、直前の12月に長女の神田沙也加さんが転落死したことを理由に辞退した。今年の出演も当初は渋っていた聖子サイドだったが沙也加さんの代表曲である映画『アナと雪の女王』のなかから『生まれてはじめて』を披露するという話で出演がまとまったと言われています。もちろん明菜出演情報も聖子の気持ちを前向きにさせたと思います」(前出=キー局関係者)


■同世代の元アイドルたちの名前も浮上

 NHK関係者が紅白に期待を込める理由がさらに。実は明菜や聖子以外の元アイドル歌手のキャスティングに成功したというのだ。

「現在、名前が取り沙汰されているのが工藤静香、小泉今日子、松本伊代、早見優といった往年のアイドル。男性陣は田原俊彦や郷ひろみらの名前が浮上しています」(音楽関係者)

 昨年の紅白は、2部制になった1989年以降、34.3%(2部、ビデオリサーチ調べ、関東地区)と目標の40%にも到達しない最低視聴率を叩き出してしまった。前年度よりも6.0ポイントも数字を落とし、ネット上には紅白打ち切り説まで飛び交った。それだけに起死回生の切り札が明菜と聖子、そして「82年組」に代表されるアイドルたちということだろう。

■裏番組に強敵不在

 裏番組は今年も「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで! 絶対に笑ってはいけないシリーズ」(日テレ系)が休止になり、強敵は不在。「S・A」揃い踏みなら視聴率50%超の可能性も出てきた。

【NHK紅白歌合戦の極秘計画!  聖子、明菜、静香、小泉、伊代、早見優といった懐かし元アイドル総出演で最高視聴率を狙う!?】の続きを読む



(出典 dorama9.com)



1 首都圏の虎 ★ :2022/06/19(日) 12:32:21.93
 7月スタートの“夏ドラマ”へのインターバルとなるこの時期。そんなGP帯とは違うサイクルで放送されている「土ドラ」(東海テレビ・フジテレビ系=土曜深夜11時40分)では、ももいろクローバーZの百田夏菜子(27)の連ドラ初主演作「僕の大好きな妻!」が6月4日から放送中だ。

 ナナトエリ、亀山聡夫妻の実体験を基にした漫画「僕の妻は発達障害」を原作に、〈“とある夫婦の幸せのかたち”を描いた物語〉(番組公式HPより)だ。

 18日が第3話で、ネット上では〈メリハリがなくてつまらない〉〈アイドルにこのヒロイン役は無理がある〉などの厳しい意見がある一方で、〈発達障害を明るく描きながら、啓蒙しようとしている〉〈発達障害とか関係なく、かわいい夫婦として応援したい〉と好意的な声も少なくない。中には〈土曜の深夜にこのドラマを見た後の日曜は、不思議と優しい気持ちになれる〉なんて書き込みも。

 テレビコラムニストの亀井徳明氏は「ジャンル的に好き嫌いがあるとは思いますが、ある意味“攻めた”ドラマだと思うんですよ」と、こう続ける。

「考察も、顔芸もないし、感動モノでもない。“発達障害”とは関係なく、どこの夫婦でもありそうな思いのすれ違いを描いているのは、イマドキの連ドラとしては冒険だと思うんです。そんなほのぼの夫婦を演じる百田さんと落合モトキさんに癒やされながら、自分や周囲についていろいろ考えさせられています」

 確かにハラハラドキドキの展開はなく、“怪演”があるわけでもないので話題性には乏しいかもしれない。愛妻が発達障害であることを知った夫が戸惑いながらも寄り添う姿がほのぼのと描かれているだけだ。

「つい最近のフジテレビの連ドラ『ナンバMG5』第6話で赤いツナギ姿の“レディース”として、ももクロメンバー全員で出ていました。お笑い芸人の刑事役以上に、アイドルの不良役はどうしてもコントっぽく映ってしまうもので、それは仕方がないこと。『ナンバ』での百田さんは目線や手足の動きなど、細かい部分に気を配りながら頑張っていたと思いますね。意外と言ったら失礼かもしれませんが、発達障害の妻役も違和感なく演じています」(前出の亀井徳明氏)

 百田は2016年のNHK朝ドラ「べっぴんさん」をはじめ、これまでそこそこ女優業もこなしてきている。昨年3月公開の尾上松也(37)主演映画「すくってごらん」では初のヒロイン役も務めた。

「6年前の朝ドラの時には、トップアイドルの存在感こそあれ、演技としてはぎこちなさが目立ちましたが、年齢を重ね、場数を踏むにつれ、表現力の幅が確実に広がっています。今回は特に難役で、一部に厳しい意見はありつつも、役作りと彼女の個性が重なって応援したくなるヒロイン像になっていると思いますよ」(テレビ誌ライター)

 そして今回はGP帯にはない手法のドラマ。土曜の夜に見れば、しばらくの間は周囲に対して優しい気持ちになれる?

https://news.yahoo.co.jp/articles/a479a4cc6959778856b26158d1df04af713cbc43

【ももクロ百田夏菜子 初主演で発達障害の役は難し過ぎた】の続きを読む



(出典 anime.nicovideo.jp)



1 Anonymous ★ :2022/05/13(金) 13:56:13.89

『少年ジャンプ+』で連載中のスパイコメディー漫画『SPY×FAMILY』。コミックスは累計1,800万部を突破し、TVアニメも大きな話題を呼んでいるが、そこで思わぬ事件が起きたという。きっかけとなったのは、5月2日に発売された『SPY×FAMILY 公式ファンブック EYES ONLY』の内容だ。

作者がまさかの「愛着ゼロ」発言

公式ファンブックでは、作者・遠藤達哉と『この音とまれ!』のアミュー、『青の祓魔師』の加藤和恵による鼎談が実現。担当編集の林士平氏も交えて、さまざまなトークが繰り広げられた。

そこで参加者たちは、「SPY×FAMILY」に“イケメンキャラ”が出てくることについて言及。遠藤はそれまで正統派のイケメンを描こうとしなかったため、殻を破ったということで、称賛を浴びている。

しかし遠藤にとっては本意ではないのか、「キャラに愛着がゼロ」「色々諦めた結果」と驚くべき言葉を漏らした。もともと編集の林氏から「かっこいい」と「かわいい」の重要性を説かれていたようなので、自分が描きたいものを諦めたということなのかもしれない。

遠藤の発言を受け、「SPY×FAMILY」ファンからは《作者の方がキャラクターに愛情を持ってないという発言をしていてちょっとガッカリしている》《キャラクターへの愛着ゼロ発言見たけど結構萎えるわね》《キャラクターへの愛着はゼロって思ってるのは全然普通のことだと思うけど、それを口に出すのはやめてほしかった》といった落胆の声が相次いでいる。

描きたいものが成功するとは限らない

ファン心理として、作者がキャラクターに愛着を持っていないことを知るのは、ショックに値することだろう。とはいえ、漫画家という職業は、必ずしも自分が描きたいものを描けるわけではない。商業である以上、世間にウケる要素を取り込んでいかなければ、生き残れないのだ。

担当編集の林氏は、近年だけでも『チェンソーマン』や『地獄楽』、『ダンダダン』などのヒット作に携わっている凄腕の編集者。それだけに、売れる漫画の作り方を熟知していると言っても過言ではない。過去の連載がヒットしたとは言えない遠藤にとって、林氏の意見を受け入れたのは、商業漫画家として間違いではないはずだ。

逆に作者が自由に描きたいものを描くと、往々にして失敗しがち。たとえば近年の「ジャンプ」系作品では、岸本斉史の『サムライ8 八丸伝』が典型的。『NARUTO -ナルト-』のノウハウを全部詰め込んだと豪語されていたが、全てがチグハグのまま早期連載終了という結果に終わってしまった。

愛着の有無はともかく、「SPY×FAMILY」のキャラクターが魅力的に描かれていることはたしか。むしろ作者が趣味をむき出しにして、“サム8化”することを心配した方がいいかもしれない。

https://myjitsu.jp/enta/archives/103800


【「SPY×FAMILY」作者、キャラクターに愛着を持っていなかった。これにファンガッカリ】の続きを読む



(出典 sonodamama.com)



1 jinjin ★ :2022/04/28(木) 07:27:48.81

https://mdpr.jp/other/3127893

日本テレビ系の情報番組「ヒルナンデス!」から取材の連絡を受け、フルーツサンドを1000個製造したものの、
ドタキャンされた人気フルーツサンド専門店のスタッフが、インスタグラムでこういった趣旨の投稿をし、フォロワーらに購入を呼びかけた。

その後、日テレ側から直接謝罪を受けたと明かし、購入協力に感謝の意を示した。
日テレの広報部は、番組でロケに行けなかったことを取材に認め、「ご迷惑をおかけしたことをお詫びしました」と説明した。

取材予定の1時間後になって、「行けません」と電話
色とりどりのフルーツサンドが、店のショーケースにずらりと並んでいる。

東京都目黒区内の「ダイワ」中目黒店のスタッフは、インスタグラムのストーリーにこんな写真を投稿し、店の苦境を訴えた。

それによると、前日の21時に取材したいと急な電話があり、当日に18時の取材予定に合わせ、「頼まれごとは断らない」とフルーツサンドを急いで1000個製造した。

ところが、時間になっても取材に訪れず、連絡もなかった。そして、予定の1時間後になって「今日はケツが押しちゃって行けません」と電話が来たという。

これに対し、スタッフは、「いつからだろう。怒れるようなことが起きても全く腹が立たない」としたうえで、店員らしき3人の写真も投稿して、「神様はまだ僕たちを試してくる。戦おうじゃないか!」などとつづった。

投稿のタイトルでは、「というわけで、明日助けてください!!」と訴えた。さらに、その脇には、こう書かれていた。
「ヒルナ〇デスはもう二度と見ないです笑」

この投稿は、2022年4月26日にツイッターなどで画像が転載されて拡散し、まとめサイトも次々に取り上げる騒ぎになった。

(出典 imgur.com)



前スレ
【テレビ】フルーツサンド1000個製造も「取材ドタキャン」 「助けて」店舗スタッフの悲鳴拡散 [ゴン太のん太猫★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1651065625/

フルーツサンド1000個製造も「取材ドタキャン」 「助けて」店舗スタッフの悲鳴拡散、日テレが謝罪 [邪神たん★]実質★2
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1651065709/


【「ヒルナンデス」が取材をドタキャン。時間になっても来ず、フルーツサンド1000個製造に「助けて」の悲鳴。】の続きを読む



(出典 www.cinemacafe.net)



1 ひかり ★ :2022/04/27(水) 20:09:36.14

 知床半島沖での海難事故を受け、日本テレビは27日、『金田一少年の事件簿』第2話の放送を延期延期すると発表した。

オリコン

https://news.yahoo.co.jp/articles/e2feaa61210581e52ef5783f00537df52a507bd4


【知床海難事故を受け『金田一少年の事件簿』延期。第二話は孤島での殺人事件】の続きを読む

このページのトップヘ